私のカンジダ膣炎体験談

悩んでいる女性

自分がカンジダ膣炎だと気づいたのは何年か前なのですが、そのかなり前の段階からカンジダ膣炎になっていたと思います。
カンジダ膣炎の主な症状は通常とは違った状態のおりものとかゆみなのですが、私はてっきりその状態が通常なのだと思っていたのです。

 

カンジダ膣炎ではおりものがヨーグルト状だったり酒粕状だったり、場合によっては豆腐をつぶしたような状態だったりするのですが、そういうのはよくあることだと思っていましたし、「みんなこんな感じなんだろうなー」とのんきに考えていたのです。
おりものの色も白っぽいものや若干黄緑色、汚いのですが調子が悪いときの鼻水のようなものが通常だと思っていました。

 

生理が始まったときなどには一応母親に報告することもありますが、さすがにおりものの報告はしません。
おりものがどんな状態だったか報告することはまずありませんし、ましてはおりものを見せる機会なんて絶対にありません。
女友達と下ネタについて話すことはあっても、デリケートゾーンのことはなんとなくタブーになっていて、「おりもの」なんて単語が出てきたことはありません。

 

女性の方であれば共感してもらえると思うのですが、実際にこういったことを話せる相手というのは本当に少ないのです。
というよりも、話せる相手がいないという方がほとんどなのではないでしょうか。
まさに私もそのひとりだったわけです。

 

学校のトイレ

まぁ、おりものの状態というのは私にとってはそこまで問題ではなくて、私にとって一番の問題はかゆみでした。
かゆみもカンジダ膣炎の主な症状になります。
私が我慢できないタイプなのかもしれませんが、本当にかゆいのです。

 

絶対に人に見られないトイレの個室などでは、ボリボリとかきむしっていました。
一番ひどいのは寝ている間で、無意識のうちにかきむしってしまって朝起きたらパンツが血だらけに・・・なんてこともありました。
油断してお気に入りのパンツなんかをはいていると、せっかくのお気に入りを血で汚してしまうのです。
そのため、気づいたら汚れてもショックを受けないどうでもいいパンツばかりはくようになっていました。
現実的に考えればそうするしかないのですが、女性としてこれはどうなんだろうと悩むこともありました。

 

もちろん、かゆみで寝られないこともありました。
かきむしったら今度はヒリヒリして、お風呂でもしみるし・・・と本当に踏んだり蹴ったりな感じでした。

 

そんな私がカンジダ膣炎だと気づいたのは、インターネットでした。
本当にたまたまカンジダ膣炎についての記載のあるページにたどり着いて、そこで初めて「あ、私カンジダ膣炎だったんだ」と気づいたのでした。
目から鱗が落ちる感じでした。

 

そこからは病院に行って薬をもらったのですが、薬は一時的によくなるだけで、すぐに再発してしまいました。
病院、再発、病院、再発の繰り返しで、正直なところ、うんざりしていました。

 

ヨーグルト

根本的にスパッとよくなる方法はないのかと、インターネットや書籍を読み漁り、あれこれ試しました。
栄養バランスの取れた食生活にカンジダ膣炎にいいとされているアシドフィルス菌をヨーグルトで摂取するようにし、ストレスの発散も自分なりに気を付けてこまめにやっていました。

 

質のいい睡眠がとれるように寝具も一新して、睡眠時間も確保し、運動なども取り入れるようにして、とにかく健康的な生活を心がけるようにしていたのです。
さらに、サプリメントや市販されているクリームなども試したのですが、やはり決定打になるような変化はありませんでした。

 

意識して健康的な生活ができるようになったのはよかったのですが、カンジダ膣炎の再発は止まりませんでした。
そのうち、スカートをはいているときにおりもののにおいが漏れているのでは・・・と考えるようになり、メンタルのほうはどちらかというと落ち込んでいきました。
実際に、においは多少なりとも漏れていたと思います。

 

「これでダメなら一生病院に通い続けるのを覚悟するか・・・」と最後の最後に試したのがビューティーアンドヘルスリサーチのカンジタ完治セットでした。
大きめのサプリメントでかなり驚いたのですが、1か月もすると違いが感じられるようになりました。
おりものも本当に普通のものしか出なくなりましたし、かゆみも気づいたらなくなっていました。

 

正直なところ、「よくなっていると見せかけて再発」のパターンがこれまで多かったので、内心ひやひやビクビクしていました。
ですが、再発する様子はなく、「あ、大丈夫だ」「あ、まだ大丈夫だ」という状態が続いて、結局のところ、再発することなく今に至っています。
カンジダ膣炎の主な症状であるおりもの、かゆみ、そしてにおいに関する不安というのは、今のところまったくありません。

 

これに出会うまでは一生病院に通い続けることを覚悟していたので、本当に救われました。
最後の最後で納得できるものに出会えて、本当によかったです。

 

ビューティーアンドヘルスリサーチのカンジタ完治セットはこちら