妊娠中のカンジダ症で心配なことは?

カンジダ症は女性の人に1人は発症すると言われているので、ポピュラーな病気でもありそんなに気にする必要はありません。
しかし、これが妊娠中となるとある心配ごとが頭をよぎります。

カンジダが赤ちゃんに移らないか?

頭を抱える女性

 

結論から言ってしまうと、

 

カンジダは赤ちゃんに移ってしまう。

 

少し誤解が生じるのでもう少し説明すると、出産時にカンジダ膣炎になっていると赤ちゃんに移る可能性が高いのです。

 

そうならないためにも、妊娠時のカンジダ膣炎は早く治しておきたいものです。
しかし、この期間のカンジダはなかなか治ってくれません。

妊娠中のカンジダが治りにくいのはなぜ?

女性は妊娠によってホルモンバランスが変化します。
すると、何時もはおとなしくしていたカンジダ菌が増えてきて色々な症状が出てきます。

 

また、この頃のカンジダは薬で治ったと喜んでいたらすぐに再発したりと厄介なものです。
これは、ホルモンバランスが崩れているのもそうですが、免疫力の低下が大きな要因になっています。

 

赤ちゃんをお腹に宿っているので体質的に変化している為、薬で症状を和らげてもすぐにカンジダ菌が増殖してしまうんです。すると、またお薬を使っては再発と…こんな悪巡回になってしまうことが多いです。

 

そこで、根本的な対策としてカンジダに強い体質づくりが必要になってきます。

カンジダに強い体質づくりの方法

妊娠中にカンジダが再発しやすい理由はこの2つです。

 

ホルモンバランスの変化

免疫力の低下

 

ホルモンバランスの変化は赤ちゃんに栄養を与えたりしなければならないので改善するのは難しいでしょうが、免疫力の低下は工夫をすることでアップできます。
免疫力を高めることでカンジダ菌の増殖を防ぐことにつながり、カンジダになりにくい体質になります。
そのために有効なのが乳酸菌です。

 

乳酸菌を多く摂り入れる。

膣内は乳酸菌の一種のデーデルライン桿菌がカンジダ菌などが増えないように防いでくれています。
しかし、免疫力が低下するとその乳酸菌が減少してしまいカンジダ菌が増えてしまいます。
そこで、食事の時に乳酸菌を多く含む食材を摂り入れることで改善していくことができます。
乳酸菌は腸内フローラの改善にもつながり免疫力のアップに効果があるのでおすすめの方法です。

 

乳酸菌が多く含まれる食材

乳酸菌と言えばヨーグルトやチーズなどがありますが、より強い植物性乳酸菌を多く摂り入れたほうが効果が高いです。
植物性乳酸菌とは野菜や豆、米や麦などを植物材料を発酵させた乳酸菌で、日本人にはお馴染みの味噌や醤油、漬物、酒などがあります。
また、キムチやザーサイ、ドイツのザワークラウトなども植物性乳酸菌が多く含まれています。
余談ですが、最近では植物性乳酸菌がインフルエンザや花粉症の予防にもなるとも言われています。

 

ただし、このような食材には塩分が多く含まれているので注意が必要です。
塩分を多く摂りすぎると今度は違う病気の心配も出てきます。

 

もう一つ、乳酸菌の代名詞にとなっているヨーグルト。
実は、ヨーグルトには糖分の入っているものが多くて、その糖分がカンジダ菌の餌となってしまい増殖を促す逆効果にも繋がります。
もしヨーグルトを食べるのでしたら無糖のものを選んで下さい。

 

塩分の取り過ぎに注意!

ヨーグルトは無糖を選ぶ!

 

ところで、いつもこれら乳酸菌の食材を気にして献立をしていたのでは逆に神経が疲れストレスになります。
ストレスはカンジダ症の原因にもなっているので乳酸菌を摂り入れているつもりが逆効果にもなりかねません。

 

そんな時に試してもらいたいのが、手軽に乳酸菌を摂取できるサプリメントです。
サプリメントと聞くと胡散臭く思えるでしょうが、ドクターズチョイスというカンジダ症専用のサプリメントがあって人気があります。
乳酸菌の他にも免疫力アップの効果が高いハーブなども入っているので、毎日飲み続けていくとカンジダの改善はもとより、再発や予防につながる体質へと変わることができます。

 

サプリメントなのでお腹の赤ちゃんにも影響はなく安心できます。
一度サイトを覗いてみて下さい。

 

 

※全ての方に効果の保証をするものではありません。